愛知県一宮市で障害福祉サービスを独立開業経営するのならひまわり事務所

グループホーム指定 開業経営支援

  • HOME »
  • グループホーム指定 開業経営支援

グループホームとは

グループホームとは、身体・知的・精神等様々な障害をお持ちの方が、生活支援員・世話人の支援を受けながら生活する居住の場所のことをいいます。
ご家族から離れて生活した方がいいケースや、日中活動の場が自宅から遠い、ご家族がおらず支援施設卒業後の住まいがない等、生活の場・居住の場のない利用者の方に対して、支援を行いながら自立した生活を送っていただくためのサービスです。

グループホーム(共同生活援助)で行うサービス

グループホーム(共同生活援助)では、障害をお持ちの方に対して、主に夜間に、共同生活を営む住居で相談、入浴、排せつまたは食事の介護、その他の日常生活上必要な援助を行います。
地域に根差して、少人数で共同生活を送ることにより、利用者の方の孤立の防止、生活への不安の軽減、共同生活による身体・精神状態の安定などが期待されています。
利用者の方は、日中活動や就労などを行っている方がほとんどですので、グループホームでは帰宅後の夕方から夜間、朝にかけて支援を行うことが多くなります。

グループホームの類型

グループホームには次の3類型が存在します。外部サービス利用型については数が少ないことから、以降はおもに介護サービス包括型と日中活動支援型について解説させていただきます。

介護サービス包括型

介護サービス包括型とは、事業所の従業者が、相談や家事等の日常生活上の援助と入浴等の介護を合わせて行うタイプのサービス類型です。グループホームの3類型では最もポピュラーなタイプです。

日中サービス支援型

日中サービス支援型とは、事業所の従業者が、24時間支援体制を確保し、相談や家事等の日常生活上の援助と入浴等の介護を合わせて行うサービス類型です。「夜間帯」の支援である共同生活援助に「日中支援」の概念を採り入れたサービスです。

外部サービス利用型

外部サービス利用型とは、事業所の従業者が、相談や家事等の日常生活上の援助のみを行い、入浴等の介護は事業所が委託契約を結んだ指定居宅介護事業者が行うサービス類型です。

グループホーム(共同生活援助)を始めるには

グループホーム(共同生活援助)というサービスは、障害者総合支援法という法律で定められた、障がいをお持ちの方が受けることのできる「障害福祉サービス」というサービスの一種です。
障害福祉サービスを行うためには、大まかに次のような手続きが必要になります。
1. 会社・法人を作る。
障害福祉サービスは、個人で行うことが出来ません。会社(法人)を作って運営する必要があります。
「会社を作るなんて、何だか大がかりだな。」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、会社にも色々なスタイルがあり、多くの法人格はお一人でも設立が可能です。
2. 自治体から指定(=許可)をもらう。
共同生活援助などの障害福祉サービスを行うためには、都道府県等から予め「指定」をもらう必要があります。
「指定」とはいわゆる「許可」のようなもので、障がいをお持ちの方が安心して利用できる基準をクリアしているか審査を受け、要件をクリアしなければ指定をもらうことが出来ません。

PAGETOP